成人式に卒業式に紋付袴のレンタル情報

男性の正礼装として紋付袴があげられます。男性が紋付袴や着物を着る機会はそうあるものではありませんが、大学の卒業式や成人式、結婚式などで着る機会があるといえます。そもそも紋付袴とは、正しい名前を黒5つ紋付き羽織袴といい、これが呼びやすいように短縮されて紋付袴と呼ばれるようになりました。羽織とは黒の無地の羽二重で、背中、両胸、両袖の5箇所に染め抜き紋があります。長着は羽織と同素材の白羽二重の付け比翼仕立てで、袴は縞織りの仙台平、小物は全て白で統一されます。何度も着る機会がない男性の紋付袴ですが、購入するよりもレンタルする人がほとんどといえます。購入となると着物と同じくとても高価です。高価であるにも関わらず、何度も着る機会があるわけではないので、レンタルの方がリーズナブルといえます。

レンタルする場合の価格と場所、着付けについて

実際に紋付袴をレンタルする場合には、着物屋さんに出向き選んで予約することが一般的でしたが、近年ではインターネット通販でレンタルするのが一般的になっています。レンタルする場合の価格相場としては、シンプルな紋付袴であれば2万円から3万5千円くらいといえます。色物となると価格はやや高くなる傾向にあり、4万円以上かかるのが一般的です。またブランド物や新作はそれ以上の価格になるでしょう。着物屋でレンタルした場合には、当日の着付けも一緒にしてもらえることがほとんどですが、インターネットで予約した場合には、自宅近所にある美容室などにお願いするケースが多いでしょう。しかし近年では着付けができない美容室も多く、女性の着付けはできても男性の着付けは受け付けていないこともあるので、事前によく確認するようにしましょう。

袴の種類の選び方と着こなしのトレンドとは

成人式や卒業式、結婚式での袴の着こなしとしては、黒紋付きで正統派の着こなしを志向する人もたくさんいますが、近年のトレンドとして、格好いい着こなしや派手さをアピールするような着こなしも増えてきています。成人式に出席する20歳の男性の間では、人気男性アーティストグループが人気で、派手な髪形に派手な紋付袴を合わせるスタイルも人気をあげています。男性の袴の種類には、色と袴のタイプで選択することになります。色味としては、伝統的な黒紋付とカラフルな色のついた色紋付があります。近年では色紋付もかなり人気があがってきています。袴のタイプとしては、仙台平から殿様が着るイメージの殿様袴などのタイプに分かれます。利用するシーンを考慮し、着る人の好みに合わせて選ぶとよいでしょう。